リボ払い専用クレジットカードの比較

リボ払いの意味は、毎月の返済額を決められる(分割払いに似た)返済方式

リボ払い専用のクレジットカードをお申し込み リボ払い(リボルビング払い)は、限度額内の買い物であれば、
毎月の支払い額を一定額にできる支払い方法です。
このリボ払いのメリットとしては、大きく分けて2点あります。
1点目は、どんなに買い物しても、毎月の支払いは一定額で済むこと。
2点目は、毎月の支払い(支出)が一定なので、お金の管理がしやすいことです。

このページでは、そんなリボ払い(リボルビング払い)のメリットに注目して、
各カードの利率などの違いを比較して紹介しています。

◆分割払いとの違いは?
リボ払いと分割払いの違いですが、複数の商品を購入した時に大きく異なってきます。
何個商品を購入しても、毎月の支払額が一定のリボ払いに対して、
分割払いは、商品を分割で購入する度に、毎月の支払い額が増えていくことになります。

 

【リボ払い専用クレジットカードの実質年率(年利)比較表】

カード名
(公式サイトへ)
年会費 実質年率(年利)
オリコUPtyカード 初年度無料 ◆ショッピング
・利用可能枠:30~100万円
・実質年率:13.08%
・支払金額:9,000円~
◆キャッシング
・利用可能枠:30~100万円
・実質年率:18.0%
・支払金額:12,000円~
DCカードジザイル(Jizile) 永久無料 ◆ショッピング
・利用可能枠:10~30万円
・実質年率:13.2%
・支払金額:5,000円~
NICOSカードSOO(スー) 永久無料 ◆ショッピング
・利用可能枠:1~100万円
・実質年率:15.00%
・支払金額:2,000円~
◆キャッシング
・利用可能枠:1~100万円
・実質年率:19.80%
・支払金額:5,000円~

【お得なリボ払い専用クレジットカード活用法】

リボ払い専用カードを利用して、賢くポイントを稼ぐ方法を紹介します。
(これは、一部のポイントマニアの方の間で流行しているようです)

リボ払い専用カードには「ポイントが2倍もらえる」というようなお得なカードが多いのですが、
リボ払いだと、残高に対して金利がかかってしまうということも確かです。

そこで、リボ払いの毎月の支払い額を高めに設定します。
(例えば、毎月のリボ払いの支払い額を10万円とした場合)
すると、ほとんどの方がリボ払いなのに「一括払い」扱いになるのではないでしょうか?

その結果、何が起こるかというと、
「一括払い」なのに、ポイントだけはリボ払い特典で2倍貯まることになるわけです。

リボ払いの金利というデメリットを消して、ポイント2倍というメリットだけ味わってしまう禁断の裏技です。

 

以下、リボ払い専用クレジットカードの詳細をご紹介いたします。(人気ランキング順)
このページは「リボ払い専用クレジットカード」の情報を可能な限り入手して、幅広くカバーしています。

オリコカードのアプティ(UPty)

毎月の支払額は9,000円から!実質年率が13.08%のお得なリボ払い専用カード

オリコカードのアプティ(UPty) オリコUPtyカード
アプティは、リボ払い専用クレジットカードの中でも、
実質年率が13.08%と抜群にお得で、支払い額も9,000円からです。
また、サービスもその他のリボ払いカードよりも充実しており、
例えば、ポイントは一般的な他カードの2.5倍貯まりやすいと言われており、
年会費無料なのに、海外・国内傷害保険まで付いてきます。
リボ払いカードをお探しなら、まずアプティから検討してみてください。

基本データ

アドバイス リボ払い専用カードを選ぶ時に気になるのが、
やっぱり「実質年率」です。
年率15.0%というカードがある中でアプティは、13.08%とかなりお得。
リボ払い専用カードの中では、絶対的な人気を誇っているカードです。
毎月の最低支払い額が9千円という気軽さも人気の秘密!
年会費 初年度無料(翌年度以降1,312円)
※ただしショッピングで年間1回以上利用すれば次年度年会費も無料
審査基準 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
提携ブランド マスターカード ETCカード

 

DCカードジザイル(Jizile)

実質年率が13.2%+ポイント2倍もらえるリボ払い専用カード

DCカードジザイル(Jizile) DCカードジザイル(Jizile)
DCカードジザイルの最大のメリットは、
DCハッピープレゼントポイントが2倍もらえること!
ご自分の毎月の返済金額の設定次第では、
かなりお得にポイントを貯めることができますね。
また、実質年率、付帯されている傷害保険などを見ても、バランスの良いカードと言えます。

基本データ

アドバイス DCカードジザイルをうまく使いこなす方法は、
リボ払いの毎月の支払い額を高めに設定しておいて、
リボだけど、なるべく一括で支払ってしまうことですね。
そうすれば、残金にかかる金利は払わずにポイント2倍もらえます!
年会費 永久無料
審査基準 高校生を除く18歳以上の方
提携ブランド VISAカード マスターカード ETCカード

 

NICOSカードSOO(スー):ニコスカード

月々の支払い額がなんと2,000円からでOK!

ニコスカードSOO(スー) NICOSカードSOO(スー)
毎月の支払いを「スー」っとスマートに支払うことをイメージした、
ニコスカードSOOは、毎月の支払い額を2,000円から
に設定できるリボ払い専用クレジットカードです。
支払い額を2,000円にしたとしても、お金のある時は多めに支払うことも可能ですから、
今後の支払いに関しては、まさにスマートに「スー」っと支払うことができそうです。

基本データ

アドバイス リボ払いの毎月の支払い額2,000円というのは、
おそらく、リボ払い専用カードの中でもっとも低い設定金額です。
毎月の収入にバラツキがある方には頼れるカード!
年会費 永久無料
審査基準 年齢18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
提携ブランド VISAカード ETCカード

 

審査基準・支払い方法で選ぶ

ホームへ

分割払い専用クレジットカード

審査が誠実なクレジットカード

コンビニ支払いできるクレジットカード

クレジットカード比較のトップへ

 

人気の目的INDEX