サブカードとは?

メインカードとサブカードの違いは?

サブカード 日本クレジット産業協会が発表している統計によると、
2004年時点のクレジットカ-ド発行枚数は2億7千万枚だそうです。
これを、クレジットカードを発行できる人口で割ってみると、
だいたい1人平均2.7枚、
実に3枚近くのクレジットカード
を持っている計算となります。

もちろん、その中に既に使っていないカードがあるとしても、
1人で2枚以上のクレジットカードを使い分けているということになり、
多くの方が、メインカードとサブカードを意識しているということがわかります。

メインカードというのは、まさに「主に使うクレジットカード」のことで、
これ1枚あれば、最低限クレジットカードには困らないものを選択される傾向にあります。

サブカードの傾向

一方、サブカードは、メインカードが持っていないお得な特典が付いている
クレジットカードが選ばれることが多く、サブカードが使用される機会も、
まさにその特定の目的のために使われます。

例えば、サブカードとして選ばれるポピュラーな理由(条件)としては、
・提示するだけで、買い物割引きになる
ガソリン代が安くなる
・ゴルフを頻繁にプレーされる方なら、ゴルフ保険付きクレジットカード
というような理由があげられます。

他にも、趣味に合わせたサブカードも選ばれやすい条件にあげられます。
映画に良く行かれる方なら映画割引き
・コンサートやミュージカルが好きな方なら、チケットが安くなるクレジットカードを選択します。

サブカードで人気のあるクレジットカードは?

サブカードに一番選ばれているクレジットカードというのはJCBカードです。

JCBと言ったら、メインカード向きで意外と思われた方も多いかと思いますが、
JCBは、カードのバリエーションがかなり豊富で、その点が有利に働いたという理由が考えられます。

と言いましても、おもしろいのは、
メインカードのランキングでも、1位は「JCBカード」になるところです。

しかも、男女別のランキングでも、メインカード、サブカードともに、
「JCB」が1位ですから、日本では「JCBカード」が、
最も良く使われているクレジットカードだということがわかりますね。

詳しいランキングはこちらを参考にしてみてください。

 

年会費で選ぶ

ホームへ

年会費無料のクレジットカード比較

ポイントが1番お得+年会費無料

メインカード比較

クレジットカード比較のトップへ

 

人気の目的INDEX