ヤングゴールドカード比較:20代でもOK

20代でも持てるヤングゴールドカードを徹底比較!

ヤングゴールドカードのお申し込み 20代で安定収入が出来てきたら、財布の影から「キラリ」と輝く
ゴールドカードを持ってみたいと思うのは、誰しもが思うこと。
このページでは「ゴールドカードは年会費が高くて・・・」という方や、
ゴールドカードの審査が通らなかった方のために、
20代でも持てるヤングゴールドカードを比較して紹介しています。

ヤングゴールドカード

1ランク上のヤングゴールド >>  シティエリート(公式サイト)

 

 

【ヤングゴールドカードの付帯保険比較表】

カード名
(公式サイトへ)
年会費 付帯保険
DCゴールドカードヴァン 3,150円 ・国内旅行傷害保険:最大3,000万円
・海外旅行傷害保険:最大3,000万円
・ショッピングセイバー:200万円
シティエリート 6,300円 ・国内旅行傷害保険:最高5,000万円まで
・海外旅行傷害保険:最高5,000万円まで
・ショッピング保険:年間200万円まで

 

 

以下、ヤングゴールドカードの詳細をご紹介いたします。(人気ランキング順)
このページは「ヤングゴールドカード」の情報を可能な限り入手して、幅広くカバーしています。

DCゴールドカードヴァン

DCカードのヤングゴールドカード登場

DCゴールドカードヴァン DCゴールドカードヴァン
高いクオリティにこだわる20代の方におすすめなのが、
年会費がやや控えめな「DCゴールドカードヴァン」です。
「ゴールドカードは欲しいけど、年会費はそんなに払いたくない」
という方に、ぴったりのカードです。
とはいえ、海外・国内旅行の付帯保険、ポイント割引きなどのサービスは、
一般カードの2~3倍の量と質でお出迎えしてくれます。

基本データ

アドバイス サービスの質の高さに比べ、
年会費がとても良心的なDCカードのヤングゴールドカード。
財布の中に入れた時の輝きには変わりはありませんから、
年会費の負担の少ない金色のカードが欲しい方におすすめです。
年会費 3,150円
審査基準 原則として20歳以上30歳未満の方で、安定した収入がある方
提携ブランド VISAカード マスターカード ETCカード

 

シティエリート

海外・国内旅行保険が最高 5,000万円 1ランク上のヤングゴールド

シティエリート シティエリート(公式サイト)
シティカードのヤングゴールドカードである「シティエリート」は、
まず付帯保険の充実が目にとまります。
そして、特筆すべきはシティエリートだけの特典、
エリートクーポンプログラムです。
このサービスは、人気のレストランや一流ホテルの料金割引や特典クーポンが、
定期的に送られてくるというものです。
20代と言えば、今まで届かなかったレストランやホテルに行ってみたくなる時期、
と同時に、どこに行けばいいのかもわからない時期でもあります。
そんな時は、「エリートクーポンプログラム」で紹介される一流店の情報を頼りに、
あなたは、良い経験を積んでいくことができます。

基本データ

アドバイス 「エリートクーポンプログラム」が、20代エグゼクティブの
階段を駆け上るあなたにおすすめです。
リッツ・カールトンホテルや料亭のクーポンが届くなんて、
夢のようなサービスです。
年会費 6,300円
審査基準 20歳以上 年収200万円以上
提携ブランド VISAカード

お申し込みは公式サイトから >>  シティエリート

 

ステータスで選ぶ

ホームへ

ゴールドカード比較

ダイナースクラブカード比較

プラチナカード比較

クレジットカード比較のトップへ

 

人気の目的INDEX